ほぼ全ての人間が自分の容姿を「平均よりは上」と思っている説

ほぼ全ての人間が自分の容姿を「平均よりは上」と思っている説

これは私個人の見解に過ぎないのですが、おそらくほぼ全ての人間が自分の容姿を「平均よりは上」だと思っているのではないでしょうか?

この話は全ての人が実際にどう思っているのかなんて誰にも分かる事ではありませんし、机上の空論に過ぎないのですが、私なりにそれなりの根拠を持ってこの記事を書いています。

いやいや、俺(私)は自分の容姿を平均以下だと本気で思ってるよ!」という人がいたとしても別に何かが起きる訳でもありませんし、ひとつの読み物として流して頂ければと思います。

自分の容姿に自信がなかったらSNSに写真を載せない

自撮りする女性
この話のほとんどはこれで完結してしまうのですが、もしも自分の容姿に自信がなかったとしたら自らSNSに写真をUPする訳ないと思うんですよね。

しかしどうでしょうか?今やかなりの数の人がSNS上に自分自身の写真をUPし、交流を楽しんでいるではないですか。

もちろん、SNS上に写真をUPしない人だっていますが、それは自分の容姿に自信がないからという訳ではなく、単純にネット上に写真をUPする事へのリスクヘッジである事がほとんどです。

客観的に見て平均以下だと思う人も自分の写真をUPする

SNS上に自分の写真をUPしてるからといってほぼ全ての人が自分の容姿を平均以上だと思っている」というのは確かに極論過ぎます。

それだけではなく、これはちょっとひどい言い方かもしれないんですけど、客観的に見てどう考えても平均以下だよねという子でも、SNS上で「私可愛いでしょ~」みたいな角度で写真をUPしているのをかなりの数見かけるのですが、それこそが全てなんじゃないかなと。

あまりにも多くの数の平均以下の人達が、SNS上で自分の写真をUPしている事から推測すると、やはりほぼ全ての人が自分を平均以上だと思っているのではと感じてしまうのです。

何故自分の容姿が平均以上と感じてしまうのか

そもそも容姿を数値化する事は出来ませんので、平均値というのは誰にも分かりません。

にも関わらず、多くの人が自分の容姿を平均以上だと感じてしまっています。

それは何故なのでしょうか?私自身が思う理由について書いてみたいと思います。

鏡は自分の理想の表情を作れる

それでですね、自分の容姿を一番簡単に確認する手段が「鏡」だと思うのですが、鏡で自分の事を見た時に、自分の理想の表情を自然と作ってしまっているんですね。

その時点で既に、自分の容姿をプラスとして認識してしまっている為、平均以上であると思い込んでしまうのではないかと思います。

子供の頃は誰だって褒められる

また、自分自身の容姿を実際以上に良く思い込んでしまう大きな理由として、幼少の頃の記憶が関係しているのではないでしょうか。

多くの人は子供の頃は親や親戚から「〇〇ちゃんは可愛いね(かっこいいね)」と言われてきた過去があると思うのですが、それを言われ続ければ自分はそうなのかなと思い込んでしまいます。

子供の頃に植え付けられたイメージというのはなかなか消えてくれませんから、実際にそうなんだろうなと脳が勘違いを引き起こしてる可能性があります。

例えモテなくても「平均よりは上」だと思う

微笑む美少女
自分の容姿を客観的に評価出来る方法は、異性からの告白だったりバレンタインデーにチョコをもらったりなどですが、例えそういった異性からモテなかったとしても、あくまで容姿は平均よりも上だと何故か思ってしまいます。

あくまで平均ですし、平均値ぴったりだとしたら別にモテなくても不自然ではないですからね。

例え、彼氏・彼女が人生今まで出来てこなかったとしても、それは容姿以外の点に問題があるからと思いがちです。

実際に私自身がそうだからです。

30半ばでモテた過去もないのに容姿は平均以上だと思っている

私は今年で34歳になるのですが、今までの彼氏は一人だけで、特段モテた過去なんてないのですが、それでも自分の容姿は平均以上だと思ってしまっています。

SNS上に写真をUPしたりはしませんが、それは先程書いた通り、悪用されたりするリスクなどを避けているだけで、写真をUPされて恥ずかしいなどの気持ちは全くありません。

正直周りから評価された訳でもないのに、自分の顔を鏡で見てもそれなりに整っていると思ってしまいますし、おそらくほとんどの人がそうなのではないのだろうか?という確認の為にこんな記事を書いてみました。

実際問題みなさんは自分の容姿をどう思っているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です